選ばれる理由
  1. トップページ
  2. 介護を学ぶ
  3. 介護用品の選び方

介護の必要性


介護を学ぶ

介護をされる側も介護する側も、動きやすく安心して暮らせることが大切になります。介護をされる方ができるだけ自分の力で生活できるような配慮と、介護する方の負担を少なくする環境づくりがそのポイントです。


ご本人が望むその人らしい生活を実現するために

介護‐ブル

その人らしい生活を実現

お使いになる方の身体状況や生活環境に応じて手すりを取り入れることで、安心・安全を手に入れることができます。
また移動・移乗をサポートして外出を促せる導線作りを行うことで、生活範囲を広げることにもつながります。


介護用品

【歩行支援】
杖や歩行器を使うことで暮らしの範囲を広げ、身体能力の維持や回復することがでできます。
【車イス】
車イスは、ただ目的地まで人を運ぶためだけの道具ではなく、快適な「イス」としての役割も大切です。
【リフト・移乗】
日常生活での移動や移乗をスムーズにし、行動範囲を広げることで、意欲の向上や毎日の楽しみを作ることができます。
【ベッド・寝具】
ベッドは様々な役割をもっています。起き上がりや立ち上がりを助けたり、自立した生活を実現させたり、
また介助する方の負担も軽減することができます。。
【床ずれ防止】
痛みを伴う床ずれは大変つらいものです。お体に合ったマットレスを選ぶことや、適切な体位変換、食事などへの配慮が大切なのです。
【手すり】
手すりを使って移動・立ち上がりをサポートすることで、住み慣れた自宅でより安心して暮らしていただくことができます。
【入浴・お風呂】
入浴は毎日の暮らしの中で大きな楽しみのひとつです。安心して快適な入浴できる環境を整え、
介助される方もする方も負担を軽くする入浴用品を選びが大切です。
【トイレ・排泄】
デリケートな問題だからこそ、できることと助けが必要なことをまず理解した上で、
自主性を尊重し、介護力なども考慮して選ぶことが一番大切です。
【衣類・くつ】
着替えることは、人に会うことを楽しんだり、生活にメリハリをつけることにもつながります。
機能やシーンに合わせて選ぶことが大切です。。
【食事・生活・健康】
年齢を重ねると今まで当たり前だと思っていたことに不便を感じることがでてきます。
さまざまなサポートを活用することが大切です。

介護を学ぶ

●年齢を重ねると、皮膚を覆っている皮脂膜や皮膚の下にある表皮角質層の保湿因子が減少していきます。いわゆるドライスキンです。

●排泄に関して、便秘と並んで問題になるのがこの下痢です。

●ご本人が望むその人らしい生活を実現するために、生活範囲を広げていきましょう。

血圧とは、心臓から送り出された血液が血管の壁にかける圧力のこといいます。

●福祉用具貸与や福祉用具購入費の支給に関するサービスをご紹介します。

●仕事上で急な出張が入った時・仕事が忙しい・介護者家族で旅行に行く時・冠婚葬祭・などにショートステイをご利用ください。

●高齢者にとって頻尿はストレスの原因になり、生活の質の低下を招く重要な問題です。

●高齢者のウツ病は全体の20%にも及びますが、本質的には他の年齢層との違いはありません。

●知っていることを思い出せないのはただの物忘れですが、覚えようとしなくても自然に覚えているはずのことを覚えていないことが多くなったら、それは認知症かもしれません。

お問い合わせ・資料請求はこちら
  • お問い合わせ・資料請求はこちら
  • ショートステイのご案内
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 選ばれる理由
  • お知らせ
  • 求人募集
  • 過去の広報誌の案内
  • スタッフブログ
  • ムービー・動画・youtube
  • パンフレットダウンロード
  • 住宅型有料老人ホーム|マイスイートホーム大府
  • グループホテルのご紹介